タレントの卵にはいろんな葛藤もあるでしょう

宮島恵里香さん(女性)が社長をつとめる「メインキャスト」という名の芸能事務所が、今話題のようです。スカウトやオーディションも活発に行うようで、「スカウトされた(あるいは、オーディションに受かった)のだけど、どんなところなんだろう?」と気になっている人もいるようです。「メインキャスト」というのは、映画や舞台などで主演する人をさしますから、「主役級タレントを養成していこう」という宮島恵里香社長やスタッフの意欲を表しているのでしょうね。たしかに所属タレントの中には舞台で主役をつとめた人もいるようですが、全体に10〜20代の若い人が多く、これから主役級をねらっていこうという人が多そうな印象です。スカウトされたりオーディションに受かった人の中には、「レッスン代ばかりかかって、なかなか大きな仕事のチャンスがない」と、不満をおぼえる人もあるかもわかりません。ですが芸能界に限らずどの業界でも、上を目指そうと思ったら、ただ待っているだけじゃなくて自分から動いていかないとだめですよね。またレッスンが即、仕事につながらなかったとしても、そのレッスンは決して無駄にはなりません。必ず自分を向上させてくれ、もし芸能界で花開かなかったとしてもその後の人生に必ず役立つでしょう。宮島恵里香さんが社長をつとめるこの会社は、そんな若い人たちの心の葛藤も、相談しやすそうな雰囲気が感じられます。

エンタメ業界との連携が強み

テレビや舞台に出たいな〜と思った場合、舞台ならば自分で歌やダンスの技を磨いて、オーディションを勝ち抜くといった方法もあるでしょうね。テレビ出演者もオーディションで募集する場合もあるでしょうが、やはりテレビの場合は、芸能プロダクションに所属するのが有利かもしれません。それというのも、テレビ局の方でも、そのタレントを信用してもいいのかどうか、という点について、プロダクションに所属しているタレントならば安心ですよね。そんなこともあり、ずば抜けてスター性があってオーディションを勝ち抜くような人以外は、個人でテレビの仕事をとることはとても難しいようです。「メインキャスト」(プロダクション会社)は、宮島恵里香さんという女性社長ともども、けっこう話題になっているようですが、業界とのパイプが太いようです。大阪・名古屋にも支店があるので、活発に番組作りをしている大阪・名古屋のテレビ局とも連携がとれるのは強みでしょうね。女性でありながらこれだけ業界とのつながりを持つ宮島恵里香社長という人は、どういう職歴をもつ人なのかますます気になります。